採用の可否を決める志望動機

9月 21, 2016 · Posted in · Comment 

看護師は全国的に不足している状況があり、どの業界を志望しても需要が高いことが知られている。そのため、看護師として転職するのは容易であるという認識が広まっているものの、実際には書類段階で落とされてしまう人も多い。

この原因となっているのは転職に対する意識の浅はかさであり、いかに需要が高いといっても採用するかどうかは人材が有能かどうかという点が大きく左右するのである。採用活動を行う上では面接をすると大きな労力がかかるため、できるだけ書類段階でふるいをかけて人事の負担を減らして費用削減が求められている状況があるという認識も必要だろう。その現実から、書類の重要性が感じ取れるだろう。

採用者が目を通す部分の中で特に重要になるのが志望動機であり、それが目に留まるものでなければ目も向けられないだろう。転職をする際に辛さからの逃亡を考えている人が多いことは現場でも重々承知されているため、辛さを理由にしている様子が少しでも見られれば不要な人材として捉えられてしまう。そのため、応募書類を書くときにはいかに自分が新しい職場で活躍できる可能性があり、高い向上心を持って転職を望んているかを主張しなければならない。その意識が最も顕著に表れることから人事も目を向けるのが志望動機であり、それがはっきりと訴えかけるものでない場合には書類で落とされることになる。短い文であっても訴えかける力のある志望動機を書くことが看護師にとって欠かせないのである。

看護師の転職について、こちらのサイト《女性の転職<Next Stage>》でわかりやすく取り上げられているため、参考にしてみるといいだろう。