面接で有利な立場に立つために

9月 17, 2016 · Posted in · Comment 

仕事の経験豊富な看護師は、転職で有利である。しかしそれでも転職先が見つからないという看護師は、なにかを見落としている可能性がある。見落としがちな要素の一つとして、面接の受け答えがある。採用担当者は、人柄を重視している傾向にある。そのためできれば、採用のため尋ねられる質問について、あらかじめベストな回答を考えておきたい。

まず応募した動機のPRを考えるために重要であるのが、応募先の職場に関する情報をできるだけ多く収集する事である。勤務先となる病院など医療の職場について、どのような場所かをまず詳しく理解していなければ、的外れな動機を伝えてしまう可能性がある。求人情報だけで分かる情報では足りない。応募先の職場がどのような場所か、具体的に分かるようなパンフレットなど資料は、事前に集める必要があるだろう。

また、特に面接官に訴えかけられるポイントは、何を目標として看護の仕事を選んだかという点にある。みんなが苦労してでも仕事を続けているのは、何らかの目標があるためである。採用担当者としても、求職者が何を一番の目的として求人案件に応募してきたのか、その具体的な内容を知りたいと考えているはずだ。

また応募した動機は、転職先で求められている人材像とできるだけ一致した方が採用に有利である。例えば看護師の人手が不足している職場では、できるだけ長く働いてくれる人材を求めている。そのような応募先では、長期で働けることをアピールすれば評価が高まるだろう。